未分類

チャンピックスの体験ブログ

こんにちは。自分は2年前、超がつくほどのヘビースモーカーでした。

でも高いし、体に悪いし、何度も禁煙を考えた方は、いないですか?

パチンコ屋では、3箱、何もない時でも1日1箱は、吸ってました。

それでは、ここからどんな風に禁煙したのか書いていきます。

自分は、まさか禁煙できるとは、思わなかったです(笑)

今までの喫煙に対する禁断症状について

自分とタバコは、常に一緒だと思っていました。仕事も吸える所で、禁煙出来たら本気でやめようと考えてました。

食事も吸える場所があるかリサーチしてから行くのが当たり前。

電車で遠くに行く時は、電車に乗っているのが苦痛で、駅に降りたらすぐに喫煙所を探していました。

それでも、駅前に喫煙所がないので禁断症状が出ることもあり、ひたすらスマホで近くにないか調べて、見つけたら改札口を出てダッシュで吸いに行ってました。

何が言いたいかと言うとこんな人間でもやめれました(笑)

ちなみに私は、セブンイレブンじゃなくて、セブンスターを吸ってました(笑)

ニコチンが強くておいしかったなぁーって当時は、思っていました。。。泣


最終的に自分の力で禁煙することは難しいので、禁煙外来に行くことにしました。

まず、禁煙のための飲み薬「チャンピックス」について説明していきます。

チャンピックスの服用の仕方

皆さんはチャンピックスについてどのくらい知っていますか?

チャンピックスを飲むことで、タバコがおいしく感じなくなることは知っていると思いますが、それだけではないのです。

ここからチャンピックスの効果と副作用について説明していきます。

チャンピックスの効果について

タバコには、ニコチンが含まれているため、脳にあるニコチン受容体と結合し、快感を生じさせる物質(ドパミン)を放出させます。

チャンピックスの効果により、この受容体に結合することで、ニコチンの場合より少量のドパミンを放出させて、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くすることが一つにあります。

また、ニコチンが受容体に結合しないようにして、禁煙中に一服したときの「美味しい」といった満足感を感じくくする効果もあります。

チャンピックスの主な副作用について

吐き気・頭痛・上腹部痛・便秘・お腹の張り・普段と違う夢を見る・不眠などがあります。

そのほかにも、禁煙の治療の有無にかかわらず、様々な症状(気分の落ち込み、あせりを感じる、不安を感じる、死んでしまいたいと感じるなど)を伴うことがあり、その症状を以前よりある場合は、増強することがあります。

チャンピックスを服用中にこのような症状が現れたら、服用を中止し主治医にご相談ください。

海外では、服用して車で運転し事故も起きていますので、服用後は自動車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。

精神的にも身体的にもタバコが止められなくなるのは、ニコチンの持つ強い依存性が原因です。


この喫煙習慣は「ニコチン依存症」として治療が必要な病気とされ、タバコの害の認知とともにチャンピックスが注目されています。


見てのとおり危険な薬であることがわかります。

チャンピックスを飲んでの感想

自分がチャンピックスを飲んだ感想としては、副作用が強くて下痢は、止まらないし、吐き気が強くて1回吐きました。。。しかも仕事中に。。。。

また、自分が殺人者になる夢やたばこを吸ってる夢を見るようになり本当辛かったです。

その事を先生にいったら、吐き気止めと下痢の症状をよくする薬を処方してくれたんですが、あんまり効かなかったでした。

先生には、チャンピックスよりたばこの方が体に悪いと言われたので何も言えなかったし、もうその頃には、彼女の為にも絶対やめてやるって気持ちの方が強かったので、頑張って乗り越えようと思いました。

禁煙治療のすすめかた

禁煙開始する前に、「禁煙宣言書」にサインを書いてもらいます。

自分はサインを書くことで、禁煙しようという気持ちが強くなりました。

家族や職場の人に禁煙宣言をすることで協力を求めるのもいいと思います。

しかし、友達によっては1本ぐらいいいんじゃないと勧められることもあるので、自分の意思を強く持つよう注意してください。

この1本吸うことで禁煙前の状態に戻ってしまうことがあります。

禁煙開始予定日の1週間前から、チャンピックスを服用し始めるため、飲み始めの1週間は喫煙しながらチャンピックスを飲んでいきます。

服用記録も一緒に記載していくので、自分が書いた記録を参考に載せます。

服用記録には、服薬状況、喫煙本数、気分や体調などを記入していきます。

写真で分かるよう禁煙開始時は20本~30本でしたが、最後は15本に減少しました(笑)

2週目に入るときには、1本も吸わないよう努力しましたが、かなりイライラしました。


服用1~3日目 0.5mg錠を1日1回(食後)朝、昼、夕はどこでも大丈夫です

4~7日目 0.5mg錠を1日2回(朝夕食後)

8日目には禁煙開始 1mgに増量 1日2回は継続

禁煙したことによるニコチン切れのイライラや口の寂しさは、ひたすら飴玉をなめることで抑えていました。


禁煙治療  12週間に計5回通院


初回診察後より2週間後に通院。

通院するまでの間に、下痢や吐き気、悪夢など見ることも多くなり、かなりつらかったでした。

それから 4週間後、8週間後、12週間後と順に診察を受けていきます。

診察時には毎回喫煙(禁煙)状況の確認、体調チェックなど行い、 一酸化炭素量の測定を行います。

また、 禁煙を継続するためのアドバイス(ニコチン依存症の対処法など)や チャンピックスの効果の確認、副作用の対応などをしていきます。


そして、通院は5回で診察終了になるので、何回も行く必要はありません。2~4週間に1回の通院なので、そんなに苦にはならなかったでした。

診察を受けるたびに、禁煙によって体調や精神状態が変わっていくことを実感できるはず。
自分一人では、この実感を得ることは出来ません。


長く禁煙を続けていくためにも、自分が禁煙した理由や、タバコの害など、禁煙のポイントをいつまでも覚えておくことが大事です。

禁煙外来っていくらかかる?

禁煙治療にかかる費用は1万3,000円~2万円ほど

「病院の禁煙外来は、費用が高いのでは」と、心配している人はいませんか?

実は、禁煙治療は、健康保険等を使って受けることが出来ます。

自己負担が3割の人は、使用する薬にもよりますが、約3ヶ月の治療スケジュールで、1万3,000円~2万円程度です。

仮に、タバコを1日1箱吸う人の場合、8~12週間分のタバコ代と、健康保険等を使った禁煙治療費を比べてみましょう。

グラフのように、禁煙治療に支払う費用の方が、タバコ代よりも安くなります(詳しくは医療機関にお問い合わせください)。

医師のサポートを受けながら禁煙を続けられて、しかも自己負担も軽いのであれば、禁煙外来に行くメリットは大きいといえます。

まとめ

たばこ吸ってる時は、なんでこんなもの吸ったんだろうって思いましたが、過去を後悔してもなにも変わりません。。。

やめるときは、目標を作りましょう!!例えば自分みたいに彼女の為とか、犬や猫が可哀想だからとか。親が喘息で申し訳ないとか。探せばきりがないぐらい見つかると思います。

禁煙は、簡単なことじゃないけど、禁煙すれば過去は変えられないけど未来が変わります。また、喫煙しない理由にチャンピックスを2度と飲みたくないのもあります。

いかがだったでしょうか?

こんなやつがやめれるなら私だってやめれると思った方は、是非コメント下さい。

そーとーなヘビースモーカーだったので希望持って下さい。